飾磨児童センター|東児童センター|面白山児童センター|受託運営:社会福祉法人 姫路市社会福祉事業団

■お電話のお問い合わせは…
  姫路市立飾磨児童センター(079)234-6090 姫路市立東児童センター(079)253-6001 姫路市立面白山児童センター(079)294-3345
qrcode.png
http://www.himeji-sfj.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
069009
 
***************** 
児童館においでよ
 
居るところがなかったら
児童センターにおいでよ。
やることがなかったら
児童センターにおいでよ。
話せる人がいなかったら
児童センターにおいでよ。
わかっている人がいなかったら
児童センターにおいでよ。
がまんできなくなるほど
     しんどくなる前に
児童センターにおいでよ。
 

面白山おもちゃ病院

 

大切なおもちゃに、心をこめて・・・

大切なおもちゃに、心をこめて・・・
 
あれ??? うごかない・・・ こわれたかな!?
こんな時、ボランティアのドクター達が診察治療にあたります!
 
「面白山おもちゃ病院」は、平成17年5月に開院し、10年を迎えました。
なんでも豊富にそろうようになった現在こそ、「ものを大切にする心」を子どもたちに伝えたいと思っています。
 
おもちゃ病院受付
※この校区におすまいの吉田先生がボランティアでおもちゃの修理をしてくださっています。
 
1 壊れたおもちゃを直接、面白山児童センター受付までお持ちください。
  *電池で動くおもちゃには新品の電池をご用意ください
 
2 修理が終わったら後日、連絡いたしますので取りにお越しください。
 
  場所:姫路市立面白山児童センター(受付)☎079-294-3345
  日時:火曜日~日曜日、祝日 午前9時~午後5時 *祝日の翌日は休館
  費用:おもちゃ1点につき、「活動維持費100円」と「部品等の実費」をいただいています
 
3 おねがい
  おもちゃによっては修理することができないものもあります。(ICが壊れている、あけることができないなど)
  あらかじめ、ご了承ください。
 
おもちゃ病院 ドクターの紹介
いつもおもちゃを修理してくれている吉田先生です。
面白山児童センターには修理の場所がないので、自宅にて修理をしてくださっています。
どうやったら、使えるようになるかな?修理には、木工作や電気、ぬいものなど仕事はてんこ盛り!
工夫と努力で一生懸命取り組んで下さっています。
 
 

テレビ取材を受けました! 

テレビ取材を受けました! 
 
読売テレビ「かんさい情報ネット ten」の取材をうけました!
 
かんさい情報ネット ten(読売テレビ)
11月4日(水)15:50~19:00
「GO!GO!若一調査隊」 で放映されました!
 

面白山おもちゃ病院 修理個数2222個 記念式(9/17)

面白山おもちゃ病院 修理個数2222個 記念式(9/17)
 
おもちゃ病院記念式
記念すべき、2222個目のおもちゃの修理を依頼してくださった方におもちゃの引き渡しと姫路市社会福祉事業団飯島理事長より吉田院長に感謝状をお渡ししました。おもちゃが動くようになって、ニコニコ笑顔さっそく、少し遊んでみました
その後は、オープン診察
目の前でおもちゃを治療(修理)してもらい、持って帰った方もいます。
修理時間がかかりそうなおもちゃには入院していただきました!
 

2222個記念♪ おもちゃ病院オープン診察

2222個記念♪ おもちゃ病院オープン診察
 
面白山おもちゃ病院も開院10周年を迎え、2000個を超えるおもちゃが退院しました。
平成27年9月17日(木)に、2222個目のおもちゃを持ち込まれた方への認定証授与と
おもちゃ病院スタッフによるオープン診察を行いました。
目の前でドクターがおもちゃを診察してくれる様子を、子ども達は興味津々に見つめていました。