本文へ移動

面白山おもちゃ病院

大切なおもちゃに、心をこめて・・・

「面白山おもちゃ病院」は、平成17年5月に開院し、ボランティアの方々のおかげで、10年以上続いています。
なんでも豊富にそろうようになった現在こそ、「ものを大切にする心」を子どもたちに伝えたいと思っています。

受付方法

 壊れたおもちゃを直接、面白山児童センター受付までお持ちください。
    * 受付時に問診票を書いていただきます。
    *おもちゃの状態を尋ねたり、修理の状況を説明したりします。
  あずける時も、とりに来られるときも、時間に余裕を持って来て下さい。
  *電池で動くおもちゃには新品の電池をご用意ください。

受け付け日時、費用

  場所:姫路市立面白山児童センター(受付)☎079-294-3345
  日時:火曜日~日曜日、祝日 午前9時~午後5時 *祝日の翌日は休館
  費用:おもちゃ1点につき、「活動維持費100円」と「部品等の実費」をいただいています。

受取方法

修理が完了次第、ご連絡させていただきます。
 *連絡先は、必ずつながるところを書いてください。
 *帰ってきたおもちゃは、なるべく早く迎えに来て下さい。
  時間がかかりそうな場合は、その旨お伝えいただけると助かります。
  2ヶ月以上引き取りに来られない場合は、こちらで処分します。
 *修理には細心の注意を払っていますが、修理中に破損することがあります。補償の求めには応じることはできません。

おねがい

  家電製品、時計等おもちゃではないものはお断りします。
  お人形、ぬいぐるみを縫うなどの修理は、ご遠慮ください。
  おもちゃによっては修理することができないものもあります。(ICが壊れている、変形ロボット系、あけることができない、劣化していたり部品が細かいもの、思い入れが強すぎるものなど)
  あらかじめ、ご了承ください。

おもちゃ病院、3000個達成!

式典の様子
 令和元年6月15日、面白山おもちゃ病院で修理を受けたおもちゃが3000個に達しました。
 長年修理を続けてくださった吉田先生に感謝を込めて、記念式典を行いました。
 吉田先生、本当にありがとうございます。

2222個記念♪ おもちゃ病院オープン診察

平成27年5月、面白山おもちゃ病院も開院10周年を迎え、2000個を超えるおもちゃが退院しました。
平成27年9月17日(木)には、2222個目のおもちゃを持ち込まれた方への認定証授与と
おもちゃ病院スタッフによるオープン診察を行いました。
目の前でドクターがおもちゃを診察してくれる様子を、子ども達は興味津々に見つめていました。

休館日
12月
2日(月曜日)、9日(月曜日)
16日(月曜日)、23日(月曜日)
年末年始
28日(土曜日)から1月4日(土曜日)
 
1月
6日(月曜日)、14日(火曜日)
20日(月曜日)、27日(月曜日)

TOPへ戻る